無酸素運動+有酸素運動=脂肪燃焼コストパフォーマンスup!?

無酸素運動は「筋力をアップして脂肪が燃焼しやすくやる運動」、有酸素運動は「脂肪を燃焼させる運動」だ。どうもどちらを行っても効果が残るような気がしますが、どちらかだけに偏ってしまうとリバウンドの関連になってしまったり、凄いスケールの運動をしなくては効果がでないということになってしまう。
しかし、有酸素運動と無酸素運動を賢く結び付ける結果、ダイエット効果が誠に3倍にもなるといわれているのです!

大切なのは等級!

まずは無酸素運動から始めましょう!そのあとに有酸素運動を行います。

ポイントは【無酸素運動⇒有酸素運動】の等級だ。

無酸素運動を行うと育ちホルモンが分泌されます。運動うちにおける育ちホルモンの任務は、筋肉の制作を拡散・成長させるだけでなく、脂肪を分解して熱量に変換する効果や新陳代謝をよくする効果など様々です。無酸素運動によって分解された脂肪は血液中に過ぎ行き、燃焼されやすい状態になります。

そのときのら体脂肪を燃焼するのに有効な有酸素運動をすることで、効率よく脂肪を燃焼達する効果が期待できるということです。

運動方法のサンプル

① まずは無酸素運動から始めます。5分近く度の運動で大丈夫ですので、腹筋や背筋・腕立て伏せなど、自分が気になる部分のレッスンを行うといいですね。

② 育ちホルモンは筋トレ終了後20分たってからが断然分泌達するということなので、その間にストレッチなどをしておきます。

③ ウォーキングやジョギング、エアロビクスなどの有酸素運動を行います。無酸素運動のあとで行うと、既存20分かかるといわれている体脂肪の燃焼が単に5分で始まります。ここでじっくり有酸素運動をすることで、ダイエット効果が大幅にアップします!

※有酸素運動をするときは、呼吸が難しくなるほどの運動強度だと無酸素運動になってしまい効果が薄れてしまうので、まだまだ息吹が出る近く度に止めることを意識しましょう!朝も使えるDUOクレンジング