運動の効果をもう一度アップさせる+α

おんなじ運動を行うなら、その効果を最大限にしたいですよね。運動のコストパフォーマンスを一層アップさせるために、可能であればやりたい+αについていくつかご紹介します。
やはり運動の効果がでやすい時間帯に立ち向かう

【脂肪を減らすなら・・・午前、食前がベスト!】
◎午前は交感神経が働いて、身体が活動し易い調子なので消費熱量がアップする。誠に、深夜より消費熱量は10%も上がっているのだとか。
◎食前は血糖値が小さいので、糖分をのかわりに脂肪を熱量として消費するので脂肪燃焼に効果類。

《ファクター》
・空腹ときの運動は貧血や眩暈を起こしやすいので、水やバナナなどお腹いっぱいにならない近く度の軽食をやる。
・念頭が起きていないと集中技能が低下し、運動自体の効果が落ち易いので、起床して30分~1時間身体を慣らして立ち向かう。

【脂肪を浮かべづらくやる・筋力を塗るなら・・・夕食後半がベスト!】
◎夜は副交感神経が働いていて、傷ついた筋繊維の改良・制作がなさるので、筋トレの効果があがり易い。
◎食後の運動は、食事で摂った糖分を脂肪に達する前に熱量源泉として取り扱う結果、脂肪になりづらくやる。

《ファクター》
・食べた後半すぐの運動は咀嚼欠落を起こしやすいので、食後1~2時間ほど胃を休めてから行なう。
・夜中の運動は交感神経を目覚めさせ、就寝の妨げになるので、ミッドナイト遅くなる場合は軽めの運動にして、疲れているときは就寝を優先するほうが有用。

【午前や深夜が無理な場合は・・・16うち前後半がベスト!】
◎16うち頃は一日のうちで何より体温が昇る時間なので、午前ほどではないが消費カロリーが高くなる。
◎夕暮れの運動は育ちホルモンの分泌を促すといわれていて、脂肪が分解され易くなり太りがたくなることが期待できる。

運動前にコーヒーを飲み込む

コーヒー自体に脂肪燃焼効果があるのではなく、コーヒーにあるカフェインに脂肪燃焼効果が期待できるといわれています。カフェインを補充せずに運動をした連中と比較すると、20~50%も粗方脂肪を燃焼し、熱量消費は運動後5時間持続したという結果が報告されている。
運動の30分~1時間前に、300mlどの悪徳コーヒーを飲み込むのが効果類だそうです。
https://vitakt-cosme.com